India Aichi Desk

インド愛知デスク

発行日:2020/04/16 執筆者:荒木基晃(グラントソントン・インディア)

インド・愛知デスク ニュースレター(2020年度第1号)

キーワード:

∽∽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━∽∽

インド・愛知デスク ニュースレター(2020年度第1号)
2020年4月16日

∽∽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━∽∽

本ニュースレターは、「2020年度インド愛知デスク運営業務」の受託者である松田綜合法律事務所(担当:久保)よりお送りしております。

インドに進出されている愛知県企業の皆様を主な対象として、定期的に、愛知デスクの活動のご紹介やインドのビジネス・制度に関する最新情報を提供しています。

┌─────────────────────────────────■

│ ◆◇ 2020年度の愛知デスクの体制について◇◆

└─────────────────────────────────■

本年度も、これまで同様、私ども松田綜合法律事務所がインド愛知デスクの運営業務を受託いたしました。よろしくお願い致します。

なお、インド側では、インド・デリーに本拠地を持つ現地法律事務所「KNM & Partners, Law Offices」(KNM&P)にインドにおける窓口業務や相談対応に関する業務を再委託しております。今年は、Sidhant Ajmera(シダント・アジュメラ)弁護士に担当をしていただきます。
また、インド側協力者として、太陽有限責任監査法人からグラントソントン・インディアに出向してジャパンデスクを担当されている会計士(US CPA)の荒木基晃氏に、会計税務関連の相談対応をお願いしております。

いずれにせよ、2019年度と同様の体制で、継続的なサービスを今年度も提供して参りますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

┌─────────────────────────────────■

│ ◆◇ インド・レポート ◇◆

└─────────────────────────────────■

●2020年財政法が成立・施行(4月1日)

インドの財政法案が正式に承認され、2020年財政法が4月1日から施行されました。以前3月3日に配信した「予算案」の内容から一部修正がなされています。これらの修正点をまとめた資料を、グラントソントンの荒木様が寄稿してくださいました。添付をご参照ください。

●インドのロックダウン期間が延期(4月14日・15日)

インドでは3月25日に発表された全土のロックダウンが継続中でしたが、4月14日に、このロックダウンが5月3日まで継続することが発表されました。さらに4月15日にインド内務省がガイドラインを発表し、これによると一部の活動が4月20日から認められることになりました。

この内務省の発表を受けて、今後、各州政府が追加のガイドラインや通達を出していくことが予想されます。

4月15日発行の現地法律事務所KNM&Pのニュースレターを以下に紹介いたします。

****KNM&Pのニュースレター****

Dear Sir/ Madam,

In furtherance to the trail email, it may be noted that as per the Revised Guidelines, certain additional activities are proposed to be allowed in a phased manner with effect from April 20, 2020. The
States/UTs/District Administration have obligated to first make all preparatory arrangements with regard to social distancing, before permitting the additional activities in strict compliance to the R
evised Guidelines and the already existing guidelines issued by the MHA.

The activities permitted under the Revised Guidelines do not apply to containment zones/hotspots demarcated by the States/UTs/District Administration and the States/UTs/District Administration shall t
ake strict steps to ensure that no unwanted activity/movement happens in the containment zones.

In this respect, inter alia, the following establishments have been permitted to operate, subject to compliance of Revised Guidelines and such other Guidelines, as may be laid down by the State Govern
ment –

       Industries operating in rural areas i.e. outside limits of municipal corporations and municipalities;

       Manufacturing and other industrial establishments with access control in SEZs and EOUs, industrial estates and industrial townships. The establishments shall make arrangements for stay of workers wi
thin the premises as far as possible and/or adjacent buildings for implementation of the standard operating protocol enclosed with the Revised Guidelines. The transportation of workers to workplace to
be arranged by the employers in dedicated transport by ensuring social distancing;

       Manufacturing units of packaging materials;

The Revised Guidelines stress that all permitted industrial and commercial establishments, workplaces, offices etc. shall put in place arrangements for implementation of SOP, before starting their fun
ctioning. The SOP is provided in Annexure II of the Revised Guidelines.

We would also like to highlight that the State Government may lay down stricter guidelines for ensuring effective implementation of the MHA Guidelines. Accordingly, all permitted activities shall be p
ermitted, only subject to such additional guidelines/restrictions/norms, as may be laid down by the respective State Government.

**********
┌─────────────────────────────────■

│ ◆◇ 発行情報 ◇◆

└─────────────────────────────────■

インド・愛知デスク ニュースレター2020年度
■発行元
2020年度インド愛知デスク運営業務受託者:
松田綜合法律事務所(担当:弁護士 久保達弘)
〒100-0004 東京都千代田区大手町二丁目6番1号
朝日生命大手町ビル7階
TEL: 03-3272-0101(代表) FAX: 03-3272-0102
URL: http://www.jmatsuda-law.com

■配信停止またはご送付先アドレスの変更・お名前の変更は下記アドレスにご連絡下さい。
愛知デスク総合受付(日英可):aichidesk@jmatsuda-law.com

 

添付ファイル