加藤拓 弁護士(70期)

 

松田綜合法律事務所への入所を決めた理由

司法修習が始まった頃の私は、弁護士だけではなく検察官にも興味を持っており、進路をどうするか迷っていた時期もありましたが、最終的には企業法務に関わりたいという気持ちが勝ったこともあって、弁護士という進路を選択することにしました。
松田綜合法律事務所への入所を決めた理由について一言で表現することはとても難しいですが、今になって振り返ってみますと、事務所の新人採用に対する考え方や、面接を担当された方々の人柄に惹かれたということが大きいのではないかと思います。入所する事務所を決める際、多くの人は、どのような業務を誰とするのかということを重視することかと思いますが、私もこのことについて自分なりによく考えたうえで就職活動をしていました。前述のように、私には企業法務に関わりたいという思いがあったため、いわゆる街弁系の事務所ではなく、企業法務系の事務所か企業内インハウスとして働くことを前提に就職活動をしていました。ホームページや面接での話を聞いている限り、松田綜合法律事務所に入所すれば企業法務案件を豊富に扱うことができるということは分かりましたので、業務内容という点では自分のやりたいことができる事務所であると思いました。そして、誰と働くかという点についてですが、松田綜合法律事務所の弁護士は、事務所とその人の相性にとても強いこだわりを持っており、面接から感じとることのできる人柄を評価してくださっているという印象を受けました。そのため、このような採用方針の下で築き上げられた松田綜合法律事務所へ入所し、仕事をすることを通じて共に成長していきたいという思いが強くなったということもあり、松田綜合法律事務所へ入所することを決めました。

 

これまでの担当業務の内容

入所して2年目になりましたが、企業法務を中心に一般民事・家事事件に至るまで多種多様な案件に関わらせていただいています。企業法務でいえば、顧問先からの法律相談、契約書のレビューや訴訟対応等の典型的なものから、不祥事対応(内部調査や第三者委員会としての調査活動)や上場準備等、企業法務案件を豊富に扱っている事務所でなければできないようなものまで幅広い業務を経験しました。一般民事・家事事件では、交通事故や離婚、相続、遺言など代表的なものに関わることができています。
また、当事務所での業務以外としては、国選弁護活動の他、東京弁護士会内にある法教育委員会やLGBT法務研究部に所属してその活動を行っており、学生向けの模擬裁判の実施やLGBTに関連する裁判例の研究・発表をしたりしています。
採用活動との関係でいえば、当事務所のホームページに記載されていることや、面接の中で取扱業務として触れられたことについては、実際に案件として関わることができているため、取扱業務といった観点からいえば入所の前後を通じて差を感じているようなことはありません。弁護士として働くに当たって興味のある分野が具体的にある方には、ぜひ説明会等に参加していただき、当事務所でそのような分野の仕事をすることができるのかどうか、確認していただければと思います。

指導・教育体制について

当事務所には、大きく分けて国内チーム、知財チーム、渉外チームの3つがあり、その中でも国内チームはさらに複数のグループに分かれていて、私もこの国内チームのグループのひとつに所属しています。そのため、基本的には自分と同じグループに所属するパートナー弁護士から仕事をもらって…と思いきや、他のグループからの仕事も多いです。形式的にはグループに分かれているとはいえ、そこに垣根のようなものはほとんどありません。業務内容が特定の分野で固定してしまうようなことはなく、日々新鮮な気持ちで働くことができています。弁護士らしい業務から、弁護士としてこんなこともできるのか!と驚くような業務まで、様々な案件に関わることができますので、多種多様な業務を行ってみたいと考えている人にとっては非常に良い環境にあるといえます。
このような体制の下で業務を行っているということもあってか、必然的に複数の先輩弁護士と一緒に仕事をすることになります。これによって、それぞれの先輩弁護士の「仕事のやり方」を見ることができますし、新人への指導に対する考え方もそれぞれの弁護士で異なっているからか、様々な指導を受けることもできます。

 

松田綜合法律事務所の職場の雰囲気

士業だけでなく事務局の方も含めた所員が参加する公式的なイベントとして、お花見会やBBQ、クリスマス会などがあります。公式的なイベント以外でも、有志によるランチ会や飲み会は日常的に開催されていますし、他にもボルダリングや野球観戦、マラソンなどの企画も持ち上がっており、遊びや趣味にも積極的な事務所です。このように、様々なイベント・企画があるため、普段の業務では関わることがないような所員同士の交流を深めることもでき、誰にでも気軽に話しかけることのできる職場環境になっていると感じます。
もちろん、どれも参加が強制的なものではないため、仕事とプライベートはきっちり分けたいというタイプの方でも全く問題ありません。日常業務の中でも雑談が飛び交うことは多く、気づけばいろいろな人と話せるようになっているような職場です。また、事務所内に個室などはなく、全員が同じ空間で執務をしているため、あらゆる面で風通しの良い事務所であるといえます。

ワークライフバランスについて

当事務所では、コアタイムのような必ず事務所にいなくてはならない時間はないため、それぞれの弁護士が自分のスタイルで過ごしています。私自身、早い日は8時頃から、遅い日は10時頃から執務をしており、その時々でライフスタイルを変えながら過ごしています。最初の一年間は仕事のペースも掴みにくいところがありましたが、今はそれなりに自分のペースのようなものが分かってきたような気がしています。
一日あたりの執務時間ですが、インハウスとして働く場合やいわゆる街弁として働く場合などと単純な比較をすれば、執務時間は長いといえます。これは、当事務所が中心的に取り扱っている企業法務案件には複雑な内容が含まれていることも多く、また、不祥事対応のように作業量が多く、かつ、緊急性も求められるようなものが存在するためです。特に、大きな案件の依頼があったときなど、朝早くから夜遅くまで執務しなければならないというようなことも年に数回程度ありました。こういった大きな案件を担当している間はプライベートの時間も必然的に減っていきますし、疲れて体力的にも厳しい毎日を送ることにもなりますが、無事に案件を終了できたときの達成感は言葉では表現しきれないものがあります。これは、当事務所のような規模感の事務所であれば、新人であっても案件の最前線に立って執務をすることができるからだと思います。
なお、いくら執務時間が長いとはいっても、日常的に土日も執務しなければならないなどということはなく、私自身も基本的に土日は休めています。

 

今後どのように成長してきたいか

当事務所で弁護士をやっていると、弁護士という職業にもまだまだ開拓地があるのだと思い知ります。当事務所には、大企業から中小企業まで多くの顧問先があり、そこから多種多様な案件の依頼があります。このような案件の中に、新しい弁護士業務へと育ちうる種が多く存在しているのだと思います。新しいことを始めるということには、必然的に労力が伴い、大変な思いをすることも多々あるとは思いますが、このような点も企業法務を扱っている面白さであると捉え、この面白さを楽しみながら仕事をしていける弁護士へと成長していきたいと思っています。