松田綜合法律事務所の労働法プラクティス

松田綜合法律事務所では、可能な限り労働紛争を予防するために、就業規則等の各種規則の作成をはじめとして人事・就業条件に関する法的アドバイスを行っております。
また、従業員から解雇・雇い止め・不当人事・セクシャルハラスメント・パワーハラスメント等に関する訴訟・労働審判等が提起された場合や、労働組合から交渉を求められた場合等の法的紛争が生じた場合のほか、労働基準監督署の調査が行われた場合にも、適切に対応をいたします。更に、社会保険労務士等とも連携して、適切な労働環境を構築するためのトータル・コンサルティングも行っております。

さらに、労働契約法の改正に伴う有期労働契約の適正な利用や、高年齢者雇用安定法の改正に伴う定年後に引き続き雇用する「継続雇用制度」の対象者を労使協定で限定できる仕組みの廃止など、企業・労働者ともに影響の大きな法改正トピックスについては、セミナーを実施し、最新の法制度の理解を促進するとともに、企業の抱える問題点、課題に則したアドバイスを行っております。

松田綜合法律事務所の人事・労務管理総合情報サイト
労務アップデート http://update.labor-law.jp/

 

松田綜合法律事務所の労働法プラクティスにおけるトピックス

セミナー・講演情報

2013/02/07

労働セミナー:新しい非正規雇用・高齢者雇用法制と人事労務対応

松田綜合法律事務所では、労働法セミナーとして「新しい非正規雇用・高齢者雇用法制と人事労務対応」を開催いたしました。

前半では、弁護士 近森章宏より、改正労働契約法に関する概要とその実務上の留意点をご紹介させていただきました。
改正労働契約法で重要な論点である「有期雇用の無期転換制度」を中心に、雇止め法理の法定化、期間の定めのあることによる不合理な労働条件の禁止がもたらす疑問と課題を検証いたしました。

後半では、弁護士・社会保険労務士 荒川仁雄より、「高齢者雇用法制」について、講演させていただきました。
今回の高年齢者雇用安定法の改正に伴い、65歳まで希望者の雇用を維持することが義務づけられることとなり、多くの企業が雇用制度設計の見直しを迫られることとなりました。どのような規定をすべきか、それにより新たに生じるリスク、実務上の対応策について、現場レベルでの具体的なポイントを踏まえた解説を行いました。

いずれの改正も、施行が迫る中で直近の対応が必要であるとともに、中長期的な影響を与える大きな論点を含むものであり、十分な理解が必要といえます。

■名 称:労働セミナー:新しい非正規雇用・高齢者雇用法制と人事労務対応
■日 時:平成25年2月7日(木) 14:00~16:30
■場 所:パシフィックセンチュリープレイス丸の内 30F
■参加費:無料
セミナーレポート

外部セミナー等

2013/07/03

弁護士・社会保険労務士 荒川仁雄が、公益社団法人東京都私立幼稚園教育研修会 個人立園研修会にて講師を務めました

当事務所所属 弁護士・社会保険労務士 荒川仁雄が、公益社団法人東京都私立幼稚園教育研修会 個人立園研修会で講師を務めました。
■セミナー:公益社団法人 東京都私立幼稚園教育研修会 個人立園研修会
■テーマ:労働時間規制と1年単位の変形労働時間制
■日時:平成25年7月3日

2013/03/03

弁護士・社会保険労務士 荒川仁雄が、さいたま市 主催/ビジネス講座「知って得する 改正労働契約法のツボ」にて講師を務めました

当事務所所属 弁護士・社会保険労務士 荒川仁雄が、さいたま市主催ビジネス講座で講師を務めました。
■さいたま市 主催/ビジネス講座「知って得する 改正労働契約法のツボ」
■日時:平成25年3月3日

2013/02/25

弁護士・社会保険労務士 荒川仁雄が、「近時の労働法改正に伴う新しい労務管理」「新しい労使紛争のトレンドと組合対策の現状」をテーマに講演を行いました

当事務所所属 弁護士・社会保険労務士 荒川仁雄が、「近時の労働法改正に伴う新しい労務管理」「新しい労使紛争のトレンドと組合対策の現状」をテーマに講演を行いました。
■セミナー:混迷し続ける福祉労働市場と労務リスクの課題
■日時:平成25年2月25日
■主催:一般社団法人 社会事業創研

業務案内

ダウンロード

Quick Access


松田綜合法律事務所の人事・労務管理総合情報サイト 労務アップデート

 

アクセス&コンタクト

松田綜合法律事務所
〒100-0004
東京都千代田区大手町二丁目6番1号
朝日生命大手町ビル7階
電話:03-3272-0101
FAX:03-3272-0102


大きな地図で見る

▲page top